循環器内科 | 船橋市の循環器内科、しもやま内科クリニック

船橋市の循環器内科

循環器内科 |船橋の内科 | しもやま内科クリニック | 内科、心臓病内科

循環器内科

循環器内科

糖尿病患者における左心室拡張機能に対するSGLT2阻害薬の潜在的影響

2018/1/16    

糖尿病患者における左心室拡張機能に対するSGLT2阻害薬の潜在的影響 Potential impact of SGLT2 inhibitors on left ventricular diastoli ...

循環器内科

循環器内科

EMPA-REGアウトカム試験におけるエンパグリフロジンおよび下肢切断の評価

2018/1/12    

EMPA-REGアウトカム試験におけるエンパグリフロジンおよび下肢切断の評価 Empagliflozin and Assessment of Lower-Limb Amputations in the ...

循環器内科

循環器内科

非弁心房細動を罹患した糖尿病患者に好ましい脳卒中予防戦略はあるか?

2018/1/7    

非弁心房細動を罹患した糖尿病患者に好ましい脳卒中予防戦略はある?ワルファリン、ダビガトラン、リバーロキサバンの比較 Prevention Strategy for Diabetic Patients ...

心臓病内科

循環器内科

循環器内科診療について

2017/12/31    

循環器内科診療 ワタクシの考える循環器科診療観は患者に対して自信を持って循環器科診療を行なうことが、ワタクシの循環器科診療観である。自信を持って循環器科診療することで患者にも安心を与えられて自分自身も ...

肥満症

循環器内科

350万人の男性と女性の間の代謝的に健康な肥満と事故の心臓血管疾患の事象

2017/12/30    

350万人の男性と女性の間の代謝的に健康な肥満と事故の心臓血管疾患の事象 以前の研究では、代謝的に健康な肥満個体の心血管リスクについては不明であった。 目標 この研究では、代謝的に健康な肥満者と現代人 ...

慢性心不全

循環器内科

心不全の病態

2017/12/4    

心不全の病態 心不全とは心臓のポンプの働きが低下して、全身が必要とする血液を十分に送り出すことが出来なくなった状態の事を言います。その中でも収縮の低下:血液を送り出す働きが悪くなる状態と拡張性の低下: ...

肥満症

循環器内科

プロバイオティクス:肥満、糖尿病、および冠動脈心疾患患者の頸動脈内膜厚、炎症バイオマーカー、および酸化ストレスに対するシンバイオティック補充の効果

2017/11/24    

肥満、糖尿病、および冠動脈心疾患患者の頸動脈内膜厚、炎症バイオマーカー、および酸化ストレスに対するシンバイオティック補充の効果:無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験。 The Effects of S ...

循環器内科

循環器内科

アテローム性動脈硬化症における朝食の重要性

2017/11/2    

アテローム性動脈硬化症における朝食の重要性 The Importance of Breakfast in Atherosclerosis Disease: Insights From the PESA ...

慢性心不全

循環器内科

糖尿病におけるGLP-1受容体アゴニストおよび心不全。

2017/10/25    

糖尿病におけるGLP-1受容体アゴニストおよび心不全。 GLP-1 receptor agonists and heart failure in diabetes. Diabetes Metab. 2 ...

船橋市の循環器内科

循環器内科

SGLT2阻害薬は安全か?

2017/10/21    

SGLT2阻害薬は安全か? SGLT2 inhibitors: are they safe? Filippas-Ntekouan S, Filippatos TD, Elisaf MS. SGLT2阻 ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.