循環器内科

糖尿病におけるGLP-1受容体アゴニストおよび心不全。

投稿日:10月 25, 2017 更新日:

糖尿病におけるGLP-1受容体アゴニストおよび心不全。

GLP-1 receptor agonists and heart failure in diabetes.
Diabetes Metab. 2017 Apr;43 Suppl 1:2S13-2S19.

慢性心不全

慢性心不全

2型糖尿病患者では心不全の罹患率が高まり、入院を必要とするHFの発症リスクにはグルコース低下剤が顕著な影響を与える。このような増加したリスクは、チアゾリジンジオン(グリタゾン)とおそらくはDPP-4阻害薬サキサグリプチン(少なくともSAVOR-TIMI53)と一貫して報告されているが、EMPA-REG OUTCOMEでSGLT2阻害薬エンパグリフロジンの2型糖尿病における心不全改善作用は明確に示された。しかし、GLP-1RAの心筋機能への影響は議論の余地が残っている。様々な動物モデルでいくつかの有望な観察が報告されているが、ヒトにおける心筋機能に対するGLP-1RAの効果はより不均一であるが、左心室駆出率(LVEF)に対する正の効果は不一致であり、ほとんどの心不全患者では、一致しない。しかし、第II / III相試験(エクセナチド、アルビグルチド、デュラグルチド、リラグルチド)のメタアナリシスにおいて、心不全薬の入院リスクが増加することは報告されておらず、この薬理学的クラスの安全性が実証されている3つの大きな将来の心血管予後試験(リキシセナチドを含むELIXA、リラグルチドを有するLEADERおよびセマグルチドを有するSUSTAIN-6)によって確認された。特に、心血管疾患のリスクのあるT2D患者の心血管および全死因死亡率の有意な低下とともに、HF入院(-13%、P=0.14)の低下傾向が報告された。これらの結果は、進行心不全および低LVEFの患者におけるリラグルチドの効果を評価したFIGHT試験の幾分否定的な結果に直面して安心しており、そのような患者を治療するためにこの薬剤を使用する場合、さらなる研究および注意が必要となる。

-循環器内科
-

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.