糖尿病内科 |船橋の内科 | しもやま内科

糖尿病内科

船橋市の循環器内科の患者さんへ

循環器疾患・心臓病患者さんの多くは糖尿病を抱えています。糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが働きが悪くなり、血糖値が慢性的に高くなる病気です。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こしますが、糖尿病治療をしっかり行うことでそれを原因とする心筋梗塞、狭心症などの心臓病を防ぐことに繋がります。

初期の段階では無症状のことが多く、気付かないうちに病気が進行してしまい、視力障害や神経障害、腎障害などの合併症や心筋梗塞、脳梗塞にもつながることがあります。これらの合併症を防ぐためには、きちんとした診断と必要に応じた治療を受けることがとても大切です。健康診断で血糖値やHbA1cの異常を指摘されたことがあり、のどの渇き、体重減少などの症状がある方は、しもやま内科にご相談下さい。

糖尿病内科

糖尿病内科

GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬による心血管作用および臨床転帰

2019/5/10    ,

GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬による心血管作用および臨床転帰 Cardiovascular Actions and Clinical Outcomes With Glucagon-Lik ...

糖尿病内科

糖尿病内科

SGLT1およびSGLT1阻害剤:現在の臨床実践において評価されるべき役割

2019/5/10    

SGLT1およびSGLT1阻害剤:現在の臨床実践において評価されるべき役割。 SGLT1 and SGLT1 Inhibitors: A Role to Be Assessed in the Curr ...

糖尿病内科

糖尿病内科

1型糖尿病の治療におけるソタグリフロジンの有効性と安全性

2019/5/10    

1型糖尿病の治療におけるソタグリフロジンの有効性と安全性 Efficacy and safety of sotagliflozin in treating diabetes type 1. Exper ...

心臓病内科

糖尿病内科

増殖性糖尿病性網膜症に対するプロプラノロールの効果

2019/5/11    

増殖性糖尿病性網膜症に対するプロプラノロールの効果 Propranolol for Proliferative Diabetic Retinopathy. Ophthalmic Surg Lasers ...

糖尿病内科

糖尿病内科

SGLT2阻害薬の直接的な心血管への影響

2019/5/11    

SGLT2阻害剤の直接心臓血管影響:メカニズムおよび効果 Direct cardiovascular impact of SGLT2 inhibitors: mechanisms and effect ...

糖尿病内科

糖尿病内科

フロリジンは、PI3K/AKT/eNOSシグナル伝達経路を活性化し、一酸化窒素(NO)のレベルを増加させることにより、パルミチン酸(PA)誘発内皮機能障害に対する直接的な保護作用を発揮する

2019/5/11    

フロリジンは、PI3K/AKT/eNOSシグナル伝達経路を活性化し、一酸化窒素(NO)のレベルを増加させることにより、パルミチン酸(PA)誘発内皮機能障害に対する直接的な保護作用を発揮する Phlor ...

糖尿病内科

糖尿病内科

カナグリフロジンは腸内細菌に作用して尿毒症を改善する。

2019/5/12    

カナグリフロジンは、血漿尿毒症毒素を減少させ、慢性腎疾患マウスモデルにおける腸内微生物の組成を変化させる Canagliflozin reduces plasma uremic toxins and ...

セマグルチド

糖尿病内科

週1回投与GLP-1受容体作動薬セマグルチドの発見

2019/5/12    

週1回投与のグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬セマグルチドの発見 Discovery of the Once-Weekly Glucagon-Like Peptide-1 (GLP-1 ...

糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病症例の周術期血糖コントロール

2019/5/12    

糖尿病症例の周術期血糖コントロール 糖尿病とは、インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群である。2型糖尿病は、インスリン分泌低下やインスリン抵抗性をきたす素因を含む複数の遺伝因子 ...

糖尿病内科

糖尿病内科

AGEs誘発AKT / MTORシグナル伝達関連ヒト軟骨細胞のオートファジーに対するPPARGの効果

2019/5/13    

AGEs誘発AKT / MTORシグナル伝達関連ヒト軟骨細胞のオートファジーに対するPPARGの効果 関節軟骨における進行した糖化最終生成物(AGEs)の蓄積は、変形性関節症発症の主要な危険因子である ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.