循環器内科

エボロクマブの有効性とPCSK9レベルの関連

1月 29, 2017

PCSK9レベルとエボロクマブの有効性との関連

動脈硬化性疾患

動脈硬化

Association Between Circulating Baseline Proprotein Convertase Subtilisin Kexin Type 9 Levels and Efficacy of Evolocumab JAMA January 25, 2017

エボロクマブ:レパーサで達成されたプロタンパク質転換酵素サブチリシンキキン9型(PCSK9)および低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)レベル低下のベースラインレベル間に関連があるか?

エボロクマブは、2週間ごとに140mg、1ヶ月間に420mg投与され、1週間以内に循環PCSK9レベルが90%-100%抑制され、LDL関連疾患の有意で一貫した減少と関連していた。LDL-CレベルはベースラインPCSK9レベルの四分位数にわたって64%-71%である。ベースラインのPCSK9レベルにかかわらず、大きな心臓血管アウトカム試験で研究されたエボロクマブの用量は、PCSK9レベルを抑制し、一貫して実質的にLDL-Cレベルを低下させる。

背景

PCSK9のレベルは、集団全体で著しく異なり、遺伝的要因および非遺伝的因子の影響を受ける。エボロクマブは、LDL-Cレベルを55%-75%低下させるPCSK9に対する完全ヒト型モノクローナル抗体である。エボロクマブの有効性が個人のベースラインPCSK9レベルに基づいて変化するかどうかは不明のままである。

目的

エボロクマブで達成されるLDL-Cレベルの低下がPCSK9レベルに基づいて異なるかどうかを決定するために、PCSK9レベルの変動を特徴づけるために検討を行う。

デザイン

この研究では、異なる集団におけるPCSK9の阻害後のLDL-Cおよび心血管結果を低下させるプログラムの一部として、エボロクマブの4段階3無作為臨床試験からの3016人の患者からのプールデータを含めた。循環型PCSK9レベルは、定量的酵素結合イムノソルベントアッセイを用いてベースラインで測定され、患者を四分円に層別化し、ベースラインおよび10および12週目にLDL-Cレベルを測定した。さらに、薬物動態および薬力学サブプログラム4相2試験では、循環するPCSK9レベルをベースラインで測定し、8-12週後に測定した。

主要評価項目

2週間ごとに140mg、ベースラインPCSK9レベルの四分位にわたって月に1回420mg、エポロクマブによるLDL-Cレベルのプラセボ対照パーセント変化であった。

結果

3016人のうち1492人(49.5%)が女性で、2758人(91.4%)が白人であった。中央値ベースライン循環PCSK9レベルは323ng/mL(四分位範囲、258-406ng/mL)であった。高レベルのPCSK9を有する患者は、集中的なスタチン療法(第4四分の一から第1四分位で56%、36%、25%、および13%; P<0.001)を受けやすく、ベースラインLDL-第4四分位数から第1四分位数では123mg/dL、124mg/dL、128mg/dLおよび137mg/dLであった; P<0.001)。スタチン使用による層別化後、PCSK9レベルとLDL-Cレベルとの間には相関がなかった(非スタチン患者ではρ=0.03 [95%CI、-0.04-0.10]、P=0.39、ρ=0.03 [95%CI、-0.01から0.08]、P=0.12)。ベースラインPCSK9レベルの全ての四分位にわたって、エボロクマブ140mg/週と月420mgの両方が、投与1週間以内に循環性PCSK9レベルを90%-100%抑制した。2週間ごとにエボロクマブ140mgと月に1回420mgの両方が、PCSK9レベルにかかわらず、LDL-Cレベルの64%-71%(P<0.001)の有意な減少と関連していた。

結論

エボロクマブは大血管障害アウトカム試験のベースラインのPCSK9レベルにかかわらずPCSK9レベルを抑制し、一貫してLDL-Cレベルを低下させる。

-循環器内科
-

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.