循環器内科 | 船橋市の循環器内科、しもやま内科クリニック

船橋市の循環器内科

高血圧症

ARBの糖尿病性網膜症抑制作用

1月 16, 2009

ARBの糖尿病性網膜症抑制作用

カンデサルタン

カンデサルタン

カンデサルタン(ブロプレス)が糖尿病性網膜症の抑制・退縮効果を持つという全く新しいエビデンスだ。DIRECT(Diabetic Retinopathy Candesartan Trials)試験で示された。

  • カンデサルタンは1型糖尿病の網膜症発症を有意に抑制する。
  • カンデサルタンは2型糖尿病の網膜症を有意に退縮させる。
  • 簡単に言うと、こういう結果が得られたわけだ。
    ARBの腎保護作用、心不全改善作用など様々なエビデンスが示されてきたが、とうとう網膜症に対するベネフィットまで示されてきたわけだ。今後、糖尿病患者に対してはより積極的にARBを選ぶことになるだろう。

    -高血圧症
    -

    Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.