高血圧

循環器内科

循環器内科

夏季の血圧低下と降圧剤

2019/5/28    

夏季の血圧低下と降圧剤 夏季には血圧が下がるため、対応に苦慮している患者さんも多いと思います。夏場の降圧薬一時中止は悪いことではありません。私の外来高血圧患者の7割程度は冬場に比べて夏場は1-1.5剤 ...

心臓病内科

循環器内科

SPRING試験と高血圧治療

2019/5/24    

SPRING試験と高血圧治療 NEJMにSPRING試験の結果が発表され、血圧はlower is betterであるとする結果が出た。大規模前向き試験の結果であり、インパクトが大きい。PRINT試験で ...

糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病とは

2019/5/24    ,

糖尿病とは 糖尿病とは、生活習慣病を代表する疾患です。生活習慣病とは食生活や運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣が起因として進行する疾患群で、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症、痛風など ...

心臓病内科

高血圧症

アゼルニジピン(商品名:カルブロック)はアムロジピンとこんなに違う

2019/5/28    ,

アゼルニジピンはアムロジピンとこんなに違う 第一三共のアゼルニジピン(商品名:カルブロック)はアムロジピン(アムロジン、ノルバスク)のライバルだ。発売して5年が過ぎるも伸び悩んでいる。順調な伸びを見せ ...

循環器内科

高血圧症

コバシルは血液透析施行中の高血圧患者の死亡率を有意に減少させる

2019/9/10    

ACE阻害薬であるペリンドプリル(商品名:コバシル)は血液透析施行中の高血圧患者の死亡率を有意に減少させる ACE阻害薬の有効性 対象 :血液透析施行中(3ヶ月以上)の高血圧患者150例 (血圧:≧収 ...

循環器内科

高血圧症

ACE阻害薬に認知症リスクを下げるタイプ、上げるタイプ

2019/5/28    

「中枢神経作用型」のACE阻害薬は「非作用型」のACE阻害薬に比べて認知症のリスクを下げるという。 ACE阻害薬のうち、血液脳関門を通過して中枢神経に作用するタイプが他の降圧薬と比べて認知症のリスクを ...

カンデサルタン

高血圧症

ARBの糖尿病性網膜症抑制作用

2019/5/27    

ARBの糖尿病性網膜症抑制作用 カンデサルタン(ブロプレス)が糖尿病性網膜症の抑制・退縮効果を持つという全く新しいエビデンスだ。DIRECT(Diabetic Retinopathy Candesar ...

肥満症

高血圧症

ACE阻害薬とARBの違い

2019/5/26    ,

ACE阻害薬とARBの違い ARB全盛のわが国であるが、世界的に見ればまだまだACE阻害薬が主流である。「ACE阻害薬は空咳の副作用があるからARBを」と考えてARBを出しがちであるが、本当にそれで良 ...

コバシル

高血圧症

コバシルにハマる

2019/5/25    ,

コバシルにハマる 過去記事でもちょっと触れたが、最近ACE阻害薬のコバシル(ペリンドプリルエルブミン)にハマっている。第一三共から協和発酵に移管されたこの薬剤、どこが素晴らしいのか?それは・・・ 「特 ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.