心筋梗塞

心筋梗塞

プロバイオティクス:肥満、糖尿病、および冠動脈心疾患患者の頸動脈内膜厚、炎症バイオマーカー、および酸化ストレスに対するシンバイオティック補充の効果

2017/11/24    

肥満、糖尿病、および冠動脈心疾患患者の頸動脈内膜厚、炎症バイオマーカー、および酸化ストレスに対するシンバイオティック補充の効果:無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験。 The Effects of S ...

心筋梗塞

アテローム性動脈硬化症における朝食の重要性

2017/11/2    

アテローム性動脈硬化症における朝食の重要性 The Importance of Breakfast in Atherosclerosis Disease: Insights From the PESA ...

no image

循環器内科 心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の方へ

2016/7/21    

狭心症・心筋梗塞の方へ 狭心症・心筋梗塞は生活習慣病の一つです。 病気の原因について、今までの生活を振り返り、出来るところから生活改善に取り組んでいきましょう。 まずは冠危険因子について振り返ってみま ...

no image

循環器内科 心不全 心筋梗塞

厚生労働省が心臓病と脳卒中の医療体制強化に動く

2016/7/2    

厚生労働省が心臓病と脳卒中の医療体制強化に動く 船橋市のみならず、我が国全体において心臓病・脳卒中ともに増加する傾向にある。これを受けて厚生労働省は心不全や心筋梗塞等の心臓病と脳血管疾患の医療体制を強 ...

no image

循環器内科 心筋梗塞

アデノシン

2016/4/6    

アデノシン アテ゛ノシンは単に冠抵抗血管を拡張するのみならす゛、心筋や微小循環の保護効果か゛ある。STEMI症例において24~48μgのアテ゛ノシンをカテーテルから責任冠動脈の遠位部 に注入した検討て ...

no image

心筋梗塞

No reflow現象

2016/4/6    

No reflow現象 責任血管か゛再疎通しても、十分な心筋血流を得られない症例か゛存在する。心筋虚血により冠微小循環か゛構造的に破壊されることを no reflow 現象と呼ふ゛。臨床的にはno r ...

no image

心筋梗塞

ステント

2016/4/6    

ステント STEMIのprimary PCIにおけるベアメタルステント(BMS)の使用に関しては、高い再灌流率を得られ、梗塞後の狭心症などの心事故も減少させ、早期退院を可能とし、心源性ショックにも有効 ...

no image

心筋梗塞

抗血小板療法

2016/4/6    

抗血小板療法 血小板と凝固系は密接に関連しており、ACSにおいて血小板が活性化されると、血小板細胞表面に発現されたリン脂質を介して凝固系が活性化し、トロンビンが産生され、フィブリノーゲンをフィブリンに ...

no image

心筋梗塞

急性冠症候群

2016/4/5    

急性冠症候群 急性冠症候群(ACS)は、冠動脈プラークの破綻やびらんとそれに伴う血小板凝集、引き続いて起こる血栓形成が基本病態であり、これらによって冠動脈閉塞が起こるとST上昇型急性心筋梗塞(STEM ...

no image

心筋梗塞

たこつぼ心筋症

2016/2/8  

たこつぼ心筋症 1990年に広島市民病院の佐藤らが初めて報告した疾患である。急性心筋梗塞を思わせる胸痛、ST上昇を伴う心電図変化を認めるのが特徴である。 たこつぼ心筋症の由来 心エコーでは、比較的広範 ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.