年別アーカイブ:2016年

肝臓と糖代謝

消化器内科

肝臓がんの多くが肝炎や肝硬変から発症します。

2019/5/24    

肝臓癌の多くが肝炎や肝硬変から発症します 長期に肝細胞の破壊と再生を繰りかえすことによってがん化すると考えれています。特にB型肝炎やC型肝炎ウイルスの感染者は、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんと進む可能性が ...

スタチンの効果

循環器内科

スタチンがインフルエンザに効果あり

2019/5/24    

脂質異常症治療薬のスタチンが、インフルエンザに効く http://www.asahi.com/special/09015/TKY200910310178.html やや古くさいニュースであるが興味深い ...

クレストール

循環器内科

塩野義の抗肥満薬

2019/5/24    

塩野義の抗肥満薬 塩野義の抗肥満薬に関するニュースが出ていた。同社の年間売上高2230億円のうちクレストールが4分の1を占める。このような記載があるように、クレストール効果で奇跡の復活劇を遂げた塩野義 ...

船橋市の内科

内科

癌は日本の国民病

2019/5/24    

癌は日本の国民病 「がん」は日本の国民病といわれ、日本人の3人に1人ががんで死亡するという統計があります。その中でも、がんの部位別患者数をみると大腸がんが1位であり、患者数は毎年上昇傾向にあります。 ...

循環器内科

循環器内科

循環器病の患者団体が医療体制充実の法律を要望した

2019/5/24    

循環器病の患者団体が医療体制充実の法律を要望した 脳卒中など循環器病の患者などで作る団体があるのですが、彼らは与野党の国会議員と面会しました。どういうことかというと、予防や啓発などの対策・医療体制を充 ...

糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病治療の目的

2019/5/24    

糖尿病治療の目的 糖尿病治療の目的は、細小血管症や大血管症の抑制です。これらの合併症の新規発症や進展を抑えねばなりません。この観点から、国内外において様々な大規模臨床試験が行われてきた。様々なエビデン ...

アデノシン

循環器内科

アデノシン

2019/5/24    

アデノシン アテノシンは単に冠抵抗血管を拡張するのみならず、心筋や微小循環の保護効果がある。STEMI症例において24~48μgのアデノシンをカテーテルから責任冠動脈の遠位部 に注入した検討では、PC ...

no reflow現象について

心筋梗塞

No reflow現象

2019/5/24    

No reflow現象 no reflow現象とはなにか 責任血管が再疎通しても、十分な心筋血流を得られない症例が存在する。心筋虚血により冠微小循環が構造的に破壊されることをno reflow現象と呼 ...

ステント-BMS,DES-

心筋梗塞

ステント

2019/5/24    

ステント STEMIのprimary PCIにおけるベアメタルステント(BMS)の使用に関しては、高い再灌流率を得られ、梗塞後の狭心症などの心事故も減少させ、早期退院を可能とし、心源性ショックにも有効 ...

動脈硬化性疾患

心筋梗塞

抗血小板療法

2019/5/24    

抗血小板療法 血小板と凝固系は密接に関連しており、ACSにおいて血小板が活性化されると、血小板細胞表面に発現されたリン脂質を介して凝固系が活性化し、トロンビンが産生され、フィブリノーゲンをフィブリンに ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2020 All Rights Reserved.